球春到来。

本日ついにプロ野球2015年シーズンが開幕する。
そこで、我らがベイスターズの今シーズンについて考えてみる。

 

例年よりも期待ができる戦力が整った

まず、今シーズンのプラス材料としては以下の点が挙げられる。

  • 計算できるローテーション四本柱
  • 新外国人ロペス選手の加入
  • 即戦力の新人選手の加入
  • 選手層が厚くなった
 
先発ローテーションだが、今シーズンの開幕ローテーションは、久保・井納・山口・モスコーソ・三嶋・高崎の6人で回すようだ。

この6人のうち、調子によって、三浦・高橋尚・須田・東野らと入れ替わるだろう。他にも加賀美・柿田・小林寛などもいる。

昨年までとの違いは、先発ローテーションの6人のうち、昨シーズンの実績からある程度活躍を計算できる投手が揃ったこと。4人のうち、二桁勝利をあげたのは久保と井納だけだが、リリーフによって勝ち星を消されて9勝に終わったモスコーソや、シーズン途中から先発に転向した山口は、今シーズン二桁勝利をあげる実力はある。

毎年投手力を嘆いていたチームで安心して回せるローテーションを組めたことで、「今年はAクラスと言わず優勝だ!」と中畑監督が言うのも分からないでもない。

問題は残りの2人、三嶋と高崎だ。一応オープン戦では数字上の結果を残してはいるが、投球の質という点では疑問がつく。今のままでは正直、一年間ローテーションを守れるとは思えない。

ただ、この二人に必要なのは、「内容は良かったが、結果は負け投手」ではなく、「内容は良くなかったが、結果は勝ち投手」というシーズンでの数字上の結果だ。去年の井納もそうだったが、結果が出ることにより、自信がついて内容も後からついてくるだろう。

なので、二人の登板の際には、内容よりも「勝ち投手にする」というような采配を期待したい。無駄に引っ張って打たれるような采配だけは勘弁してほしい…。

新加入のロペスとエレラに期待!

次にプラスとなるのが、巨人から移籍してきたロペスの加入だろう。ブランコを放出してロペスを獲得すると聞いたときは大丈夫か?と不安だったが、オープン戦では期待以上の活躍を見せてくれている。

もともと、守備には定評のある選手であり、バッティングも来日一年目には結果を出している。昨シーズンは他の外国人選手との兼ね合いで、シーズンを通じて出場することができず、本来の実力を発揮することができなかったが、常に出場出来る今シーズンは、3割20本程度なら楽にクリアしてくれるのではないだろうか。

ところで、外国人選手と言えば、グリエルの来日拒否問題だが、特に影響はないだろう。もともと、4月下旬頃に合流予定だったので、開幕に間に合わなくても当初の予定通りといったところ。オープン戦で好調だったバルディリスもいるので、攻撃面でも影響はない。

逆に、新外国人投手のエレラが外国人枠の問題で起用できない不安があったが、グリエルの来日拒否により起用できるのも大きい。三上の故障によりリリーフ陣が手薄になるところだったので、その穴をエレラが埋めることになる。

即戦力の新人の加入により、選手層が厚くなった

そして、即戦力の山崎・倉本・山下の存在も大きい。ドラ1の山崎はリリーフに回り、守護神となるようだが、全日本でも一番後ろを任されていたので心強い。
 
もともと、先発よりもリリーフ特性があると思っていたので、オープン戦で先発として結果が出なかったのは、チームとしては良かったのかもしれない。去年の三上以上の活躍をしてくれるだろうと期待している。

最後に、各ポジションにおける層の厚さだ。もともと、好選手の多い外野陣は、昨年ブレイクした桑原と今シーズン期待の関根の台頭により、激しいポジション争いが繰り広げられている。
 
筒香、梶谷は確定なので、残りの一枠を争うことになるのだが、そこには石川も加わるかもしれない。二軍調整中の荒波や多村の他に下園・松本・井手もこのまま黙ってはいられないだろう。

内野のポジション争いもし烈だ。開幕ショートは倉本が確定し、一三塁は外国人の二人が入る。
残るセカンドに、石川・山崎・新人の山下が争うが、倉本の調子が悪いようだと、山崎がショートに回るだろう。
 
また、けがで出遅れている白崎や一軍定着を狙う飛雄馬、万能型の稲田など、誰がポジションを奪ってもおかしくない。

ベイスターズ的まとめ

開幕前の評論家の予想では、軒並み4位か5位となっているが、今シーズンに関して言えば、カープに変わって上位争いをしてもおかしくない。意外と、巨人が出遅れて、阪神・広島・横浜にヤクルトが加わって大混戦となるかもしれない。
 
それにしても、毎年のことだが、ベイスターズファンをやっていて一番楽しいのが2月と3月だ。特に今年はオープン戦が好調で、3月は非常に楽しんで試合を観ていた。

この楽しさが、どこまで続くのか。せめて去年のように4月に大コケをしないように祈るだけ。